2013年4月5日金曜日

錬金でアップした魔法の効力など。

時々勘違いされるんだけど、機能別でまとめてみたよ!

・破壊魔法
  付呪→使用マジカを削減
  錬金→効力orダメージアップ


・回復魔法
  付呪→使用マジカを削減
  錬金→未確認


・召喚魔法
  付呪→使用マジカを削減
  錬金→召喚時間の延長


・幻惑魔法
  付呪→使用マジカを削減
  錬金→効力の出るレベル上限アップ


・変性魔法
  付呪→使用マジカを削減
  錬金→未確認


破壊魔法は中盤以降、威力が足りなくて困る事になる。両手で連発するにはマジカ足りないし。だから錬金でドーピング&回復が必須。

幻惑魔法は中盤以降、街中のNPC以外にはなかなか通じなくなってしまう。その理由がレベル上限。カンストまで持っていってもレベル20くらいまでしかダメなのだ。しかし錬金を使うとこれを引き上げられる。チートともなれば、中ボス級でもいけるはず。
なお、この制限は吸血鬼の誘惑にも影響する。だから吸血鬼で誘惑無双したいなら、錬金チートがおすすめ。

召喚魔法は時間延長。召喚のスキルは接敵でアップするので、ずーっと出しっぱなしにするのが一番いい。延長はこれに最適というわけ。

変性と回復は、ミーアは使い込んでないので不明。



0 件のコメント:

コメントを投稿