2012年5月10日木曜日

テコ入れについて

今回の実験では、スピードアップのために以下の嵩上げをしている。これはプレイタイム短縮のためで、チート遊びしたいわけではないから削除予定である。それぞれについて今後の対応を記述しておく。

1.召喚魔法マジカ半減&持続時間延長の指輪

初期プレイを手早くするために使用。これは召喚の該当Perkの取得と共に廃棄予定(まもなく完了)

2.「ふたつの魂」Perkを最初から持っている。

これも初期プレイを手早くするため。対応としては、実際に召喚が100になった時、Perkポイントを1削る予定です。(コマンドで可能)

3.付呪効果向上の指輪

非常用ダガー作成に使用。付呪カンストしたら廃棄予定。

4.魂石を追加ゲット

これもプレイ時間短縮用。ゲットした武器にせっせと付呪して売ってました。そろそろ打ち止め

5.物理&魔法防御の指輪

うちのサイトで言う、いわゆる「戦う小娘の指輪」。これもプレイタイム対策。そろそろ魔法防御や物理防御の付呪が入手でき始めているので、これから置き換える形で収束させたい。

6.耐病対策

愛用しててなんだけど、これMOD下着なんですよね。資金繰り対策できたら疾病対策の薬で置き換えます。

7.カジートなのに「使い魔召喚」を最初から持っている。

これはまぁ ^^; ここ解決するにはブレトンでプレイするしかないので。まぁ、後に実際に入手したものを破棄する事でバーターとしました。


「そんなテコ入れしていたら意味ねーだろ」と言われそうなんですが、一応、以下の理由によりOKとしています。

 ・「ふたつの魂」を持たなくても同様に進められる事を途中まで確認。ただし初期の使い魔が一匹だと難易度は三~四倍となりプレイ時間を多く必要とする。

・マジカ低減が最初からなくとも進行可能。ただし最初期には通常武器の戦いを併用しなければならず、たとえば拠点攻略の場合、相手を何とかおびき出して一匹ずつ始末する等、あらゆる工夫が必要になる。当然、肝心の召喚魔法のレベルアップにかかる時間はとても大きくなる。

・指輪がない場合は付呪を普通にカンストさせる必要があるが、これもマジカ低減同様、最初は戦士スタイルで耐える戦闘を続ける必要がある。いっそ付呪を全くやらない選択肢もあるが、魔術師の紙装甲でそれは個人的にちょっと……。それは少なくとも戦士系のスキルをとり、武装する事が前提だと思う。

・魂石の追加ゲットをしない場合は資金繰りに困る事になる。現在、この魂石で稼いだお金はトレーナーと魔法購入に流れているわけで、もちろん付呪経験にも貢献している。これらが全て後回しになり、これはプレイ時間を数倍にすると思われる。

・病気対策は、本当はなくてもいい。ただ最序盤でこれを外すと罹患→どこかの砦都市に行かねばならなくなる。わずかなパラメータの低下が容易に生死を分けるから。

・カジートなのに……の問題は完璧に個人的なものです。別に最初の鉱山とかで色んなもの書き集めて売れば、使い魔召喚はないけど魂縛くらいはリバーウッドトレーダーでも買えるはずですし、ホワイトランかモーサルまで行けば初級のものはほとんど揃えられるはず。ただし序盤の戦いは普通にやらなくてはなりませんが。

以上のような感じです。

基本的に「プレイ時間の短縮」と「成長をなるべく主要スキルに集中させる」事を前提にしているのがわかるかと思います。非常用の強いダガーなんかまさにその最たるもので、ここで普通に鎧をきて刀剣でちゃんばらしてしまうと、刀剣や防具に余計なポイントが回ってしまう。そうです、つまり「チート武器でプチッと潰す」は実はあまり経験値にならないんですよ。だからこれは、いわば「デメリットを承知で使う非常用」。純粋に「ここ抜けなきゃ詰んでしまう」時に使うものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿