2012年5月8日火曜日

召喚魔法使いを色々試す。

召喚魔法プレイをしてみようと試みた。

だが魔法主体にするとどうしても防御が紙装甲になりがちだ。時間をかけて付呪と共にじっくり育てるとよさそうだが、無理して加速育成しようとすると、私の場合どうしても剣士 with 魔法または鍛冶付呪師with魔法になってしまう。つまり私にとって召喚魔法はあくまで「賑やかし」という事か。一度結構育てたが気に入らず、ふたつの人生を放棄してしまった(^^;;

そこで当初の考えを捨て、一時的にチートアイテム利用に頼っても召喚魔法を集中的に育ててみる事にした。 具体的には、以前作った「戦う小娘の指輪」をサークレットかペンダントとして作成利用、基本防御の憂いを無く(絶対防御ではないが、とりあえず逃げる時間は稼げる)して「とにかく召喚魔法を育てる」ことに集中してみる。余波として隠密が伸びるかもしれないがperkはとらず、またmod下着にあった耐病性100%のストッキングも利用。普通なら支援技能を育てるところを全部アイテムで代用し、本気で純粋に魔法使いとして育成してみる事にする。

(どうしても弓や剣が必要なら魔法弓と魔法剣があり、これらは弓強化や片手武器強化アイテムや薬が効く。単に威力が欲しいだけなら、そういう最後の手段も残されている)

育て方を間違えてしまった例。優秀な魔法剣士でもったいないが、これは本筋ではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿