2012年4月29日日曜日

再序盤のおすすめポイント二点

1.ブリトルシン峠

 ブリークフォール墓地の西にあり、同ダンジョンをクリアしたら出口から降りてちょっと西に進めばすぐ見つかる。またホワイトランからロリクステッドに行く途中で積み石を目印にちょっと山に入ってもよい。

 ここは北側にも南側にも魔法の罠があり侵入者を阻んでいる……が、片方は射撃タイプの破壊魔法をひとつ覚えておけば容易に破壊できるし、もうひとつは中心にある魂石を弓矢で撃ち落せば無力化できる。同様の罠は今後にもたくさん出てくるので、練習の意味でもおすすめ。

 ここにはひとりの魔術師と数体のスケルトン、宝箱とアルケイン付呪器がある。 本のひとつはスキル本である。特にアルケイン付呪器はホワイトランに行く以前だと貴重だろう。ばっちりチェックしておきたい。

2.エンバーシャード鉱山

 ここは半ばチュートリアルとして存在するところなので今更紹介するまでもないが、やりこみ者的な紹介だけ書いておく。
 最序盤でここで存在せず困るのは溶鉱炉となめし革の棚だろう。後者はどうしてもリバーウッド等に頼る事になるし溶鉱炉はもっと不便だが、それは通常プレイの話。初期のインゴットと革の入手をコンソールでやる事を躊躇しないなら、ここはいい作業場になる。

  また、全裸美女を侍らせた謎の召喚士プレイとか特殊なプレイをする者にとっては、別の意味でポイントにもなる。ここの盗賊は基本的に野郎ばかりだがプレイヤーが女性だと奥の部屋に常駐するふたりは結構な高確率で女になるので、到着前にセーブして試してみたいところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿