2012年4月6日金曜日

[プレイ感想] 衣服にこだわり戦うスカイリム


(町娘の格好で探索中。後ろはリディアさんが守ってくれています)

今回は、ブログ主が実生活との絡みで余裕がないので要点のみ書きます。

結論から言うと、ちょっと慣れれば容姿最優先でスカイリムの旅は可能みたいです。要点は、私が遊んでみている印象だと以下の感じです。

1.武器と立ち回りの選択

当方は魔法戦キャラに育てた事がないので、そちらについては省略します。

防御力に期待せず戦うとなると、弓兵か暗殺がベストと考えます。全くスタイルが異なりますが、どちらも直接戦闘なく最大限の戦闘力を発揮できるからです。衣服のみのスカイリムで脳筋選ぶっていうのもハンデプレイで面白いと思うけど、肉弾戦で防御が薄いっていうのはやはりきつい。あまり選びたくないなぁ。

暗殺武器はもちろんダガー。これは隠密+ダガー不意打ちの素晴らしさ(武器と立ち回り次第でボス敵も瞬殺できる)だけでなく「軽くて動きが速い」ことも選択理由です。見つかってガチンコになる事もしばしばありますが、こちらが攻撃すれば相手も避けるか防御する。リーチの短さは確かにちょっと難点ですが、手数で相手を牽制する事で時間稼ぎをして立ち位置を変更したり、うまく逃げたりもできます。



(もちろんハイフロスガーの召喚にもこれで行きました。すみません、リディアさんの胸は個人的ガイドライン的に違反なのでボカシ入れてます)

2.戦友の有無

犬やコンパニオンを連れて行くかどうかで作戦が変わるのは仕方ない。またコンパニオンによっても好戦的だったり異常に忠実だったり差異があるようなので早計に使えん、使えると結論しない方がいいみたいです。たとえばリディアさんはこちらに忠実すぎて背後に忍び寄る敵に気づかない事がままあるようだし、雌ライオンのムジョルさんは口数の多さと同じくらい好戦的で、忍んでくれって時に勝手に戦闘開始してしまい、フォローしようとして予定外の戦闘で大ピンチになったり。それぞれ個性があるのです。

しかし、鎧に期待できないスカイリムの旅ではフォロワーは頼もしい相棒になりえます。不死属性のないコンパニオンをダンジョンで連れ回すのは非常にハイリスクだと思うのですが、うちはリディアさんの亡骸を脳筋テスト時にたくさん見せられてしまい、もう正直イヤだったので彼女に不死属性を付加しています。なおトロフィーに興味のない私は確認してないけど、リディアさん不死化はチート扱いにならないって未確認情報もあります。そちらにこだわりたい人なら要チェックです。

ところで以前、野良犬一匹とドラゴン戦(しかもメインキャラはカジートの弓師なので、野良犬が前衛…^^;)した時にも思ったのですが、死に至るような罠や攻撃の「連撃」を食らわない限り仲間は簡単には死にません。世界はドヴァーキンとは別の形でコンパニオンに優しいのです。ただダンジョンではどうしてもそれが起きやすいですし、特に脳筋や弓プレイの時は戦闘領域の狭さとこちらの「遅さ」「誤射」などで同士討ちしてしまう事も死因になっていたのですが、これはプレイヤーの作戦ミスもあります。「あ、フォロワー死にそう」と思ったら無闇に援護に向かわず距離をとらなくてはならない。たとえ、どんな酷い敵でも膝ついてるコンパニオンと犬・子供は攻撃しないんですから。巻き添えで死なせているのは多くの場合、多少の不運を除けば近寄りすぎているドヴァーキンさん自身なのです。

話を戻します。

弓や暗殺系の場合、奮闘しているコンパニオンに加勢するのが容易です。むしろ彼らに囮になってもらって敵の背後から挟撃したり、突撃していくコンパニオンの影から矢をぶち込む等の戦法により戦闘を優位に運ぶ事ができます。つまり、かなり優位に進められるのです。

たとえば、ヴァルスムってダンジョンでの話。

ここは厄介な戦闘が多いです。どんな低レベルで訪れてもドラウグル・デスロードが同時複数出るようですし(レベル6でも確認した)、自身が弱くても周囲に頼って戦ってきた人はちょっと苦労するところです。私もさすがにこれはやばいと思いました。お洋服で戦うだのパンツはかずにドラゴンと戦うだの、まるっきりネタプレイで進行してましたから。

以前の場合、まずメインキャラは弓師なんで物陰に潜み一人ひとりじっくりと倒しました。ダンジョンだと平地に比べて隠密が効きやすいので、既に隠密70超えていて弓もPerkとりまくっていたので何とかなりました。それでも結構大変でしたが。なんせ全てのポイントを事実上弓と隠密だけに振っていたもので、接近戦になる=基本的に死亡でしたから。そういう時は薬で無理やり回復して進めてましたが。

次、脳筋は途中で断念しました。レベル6の帝国鎧セット+私の技量では、最初のデスロードを破るだけでも手持ちの薬を使い切るほど。何とか勝てましたが、この後の戦いには勝てないと判断しました。

ところが、今回の鍛冶屋娘プレイでは少々状況が違いました。父親のお守りという設定で初期に持たせてあった黒檀のダガーと、レベルアップのポイントを隠密のダガー不意打ち取得に全部回していたのが幸いしたようです。リディアさんが注意を引いている間にデスロードの背後をとり、大ダメージを与えて倒す事ができたのです。もちろんリディアさんもすぐ膝をついてしまったんですが、短時間でも背後をもらえばこっちのもの。ダガー二刀流で斬りまくり沈めました。

もちろん全くの白紙からやればこうはいかないのは明白です。しかし、白紙からのプレイでも一つの技能をカンストさせるのに必要なレベル上昇はだいたい10くらいという印象ですので、隠密でダガー15倍をとり、片手武器で50程度の経験値とある程度の戦闘力の上乗せをしていれば、白紙からでも間違いなく届くと思います。今回は色んな実験やお遊びの一環であり、ダガーの可能性についてそこまで時間をかけるつもりがなかったので初期設定で底上げ・短縮しましたが、いつかそういうプレイもしてみたいと思います。

そんなわけで「お連れさん」の存在が衣服プレイでは重要になります。

3.コンパニオンのお着替えについて。

そろそろ話を衣服プレイに戻します。

コンパニオンに好きな鎧を着せたいと思っても、彼らの装備より弱いものは着てくれません。その対応について書きます。

まず、対象が通常の鎧の場合。

うちは鍛冶屋の娘って設定でPerkこそないが既に経験値は100行っているのが初期設定です。ゆえに自作不能な防具でも材料があれば強化できる。ちなみに100あれば、フォースウォーンの鎧でもリディアさんの鋼鉄の鎧を上回りますので、プレゼントすると着替えてくれます。ちなみにフォースウォーン防具の強化材料は革ですので、初期の戦いでも余るほどゲットしているはずですし、そもそも革防具の多くはPerkの有無に関係なく二段階強化はできません。しかしそれは私の縛りプレイでは問題にならない。そもそも通常鎧は使わないから。

衣服の場合はもう少し厄介です。基本的に鎧と同じ手ですが、防御ゼロなのでそのままでは使ってくれません。
ですが、そこで登場するのがスリ。鍛冶と違ってPerkもカンストさせないとダメですが、スリを極めると衣服を全部脱がすことができます。これを使って装備をとりあげればOK。
コンソールでもできるようですが、そちらは確認していません。

ただ、初期装備をスってしまうと、待機させている時に全裸徘徊する事があります。だから、待機時に家にいないコンパニオンに対してやらないでください。正直見てる方が恥ずかしいですし、もしかしたらスカイリムでもストリーキングは犯罪かもしれません。コンパニオンが犯罪犯すと雇い主の罪になるんですよ……いや、ノーパンで戦ったりしている身で何をいうかと言われそうだけど、町ではちゃんと着なくちゃね。いやマジで^^;

----

ああ、あとMODが使用OKでエロ目的でない事が前提なら、コンパニオンの衣装交換はもうひとつ手があります。

MODの衣服には軽装鎧扱いになっているものがいくつかあります。たとえば私がこだわっている町娘の服ですが、ロングなのを上半身だけに切り詰めて軽装鎧扱いにしているMODがありました。同梱しているスカートは守備力ゼロで、純粋に好みで組み合わせて遊ぶためのもの。防御力自体も序盤なら充分すぎるほど。なんて俺得!まぁその、似たようなコンセプトで遊んでる先人がたくさんおられるって事ですね。

他にも「外見は紐パンビキニ、しかし実態は軽装鎧」ってやつもあります。「裸の王様鎧」っていうそのまんまの奴も確認ずみです。とはいえ、これらは自分で使ってもいいけど半端な気がするし、どう見てもコンパニオン着替え用(だって、コンパニオンの鎧を置き換えられるギリギリ程度の守備力が設定されているから)です。本当にありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿