2012年3月3日土曜日

2012/3/2 ドラゴンまたドラゴン。どうなってんだいったい。

先日の坂をずるずると登っていたんだけど、どうやら道を間違えたくさい。あーこっちなのかな、よくわかんないなと。そもそも巡礼者とかろくすっぽいないっぽいんで、昨日のとこ以上に道がわかりにくい。あっちはプチ三千階段っぽいのがあったし。
だけど、それが面白いイベントのはじまりだった。
いや大したことないんだけどさ。道に迷い、ふと崖の下を見たら、

……いるんだこれが。ドラゴンが(大汗

つまりどういう状況かというと、崖の下に広い空間があって、そこにたぶんいつもの、力の言葉が記された祭壇があるわけですよ。でも、その祭壇の上にどっかとドラゴン様が座っててですね、「この力の言葉が欲しかったら、わしをぶっ飛ばしてからにせい。でないと喰っちまうぞぉぉぉぉぉ XD」な感じに威風堂々とされているわけなんですが、その、私はそのドラゴン様のほとんど真後ろの崖の上から見ているわけで、たぶん、本来ならばドラゴンボーンたる勇者様がくるはずの、しかし今は大間抜けにもあさっての方向に向いて座りっぱなしのドラゴン様がですね、その、肩こり腰の痛み神経痛によくないっすか?寒くないっすか?と言いたい状況なわけで。いやごめん、私、勇者でもなんでもないし。

つうわけで弓の一撃。反応なし。
ではシャウト一発。

うははは、キタキタキタキター!!!

ではでは、と、スタコラサッサ(死語)と遁走。時々食らいつつも下まで逃げます。しかし戦ってくれそうな盗賊軍団は滅ぼしちゃってるしって、ああ、下の砦だ。あそこの盗賊どもならきっと戦ってくれるに違いないって、誰も出てこない!?いや、ひとりは出てたくさいけど、そいつはブレス一撃で逃げるか死ぬかした模様で、おまけにドラゴン氏は村に先回りしてなんと盗賊の落石仕掛けを攻撃!ころころ転がって逃げてた私は岩石落としを食らいまくって大怪我する始末。しかも目の前には威風堂々とドラゴン野郎。反射的に逆方向に逃げるが櫓の下に追い詰められた。

……ムカついた。こンのやろふざけんな!やったろじゃん!
頭ン中でボス戦のテーマが鳴り響いた。

さっき食らいまくったおかげでこいつのブレスの性質はつかめた。体力もそうだけど効果が残存し、スタミナも奪うタイプだ。ならばそのスタミナを奪いつくされる前に手持ちの最強の矢をガンガン打ち込んでやる。それも尽きたら今度は魔法を!

打ち込む。ブレス。打ち込む。ブレス。打ち込む。ブレス。やばい死ぬ薬投入、ブレス。打ち込む!

そのうち弓が引けなくなってきた。きっとスタミナを奪われつくしたんだ。弓をしまって両手をフリーにする。ファイヤーボールだくらえ!

そんなこんなをしていると、ドラゴンの身体が揺らいだ。どうやら倒したらしい。
ふう。やれやれ。

さて、知らない町を歩いてみたいとリフテンに行ってみる事にした。暗殺者やらスパイダーやらに襲われつつも到着するが、盗賊ギルドの町だと知って興味が薄れる。いつかまた。

んで、ミストウォッチでも見学するかと行ったら、いきなりドラゴン!なんやねん ^^;

途中でクマ、それとサーバルキャットにも出会うが構わず逃げる。んで、戦う。どうやら混戦に持ち込んだようで、うだうだ暴れている奴の横から死の弓数発。こいつも眠らせた。で、クマとサーバルキャットの毛皮も回収。

しっかし、ドラゴンだらけだよオイ。参った。

この後、街道でクマとラストバトル。毛皮十枚を依頼人に届け、小さなクエストもひとつ完了した。

久しぶりに街道を通ってホワイトランに戻った。途中のいくつかの砦もひとが戻っていた。また狩らねば。

0 件のコメント:

コメントを投稿